健康の力

【恐怖】摂り過ぎ注意‼︎糖質が引き起こす恐ろしい病とは?

スポンサーリンク




どうも、きんぐです!

今回は糖質の恐ろしさについて解説していきます。

糖質は人間が生きていく上で欠かせない三大栄養素の一つです。

しかし、いくら必須な栄養素と言っても摂りすぎは禁物です。

糖質の過剰摂取は不調の原因になり、最悪の場合恐ろしい病に侵されることになります。

そんな糖質の怖さを今回は解説していきます。

では行きましょう!!

この記事でわかること

  • 糖質の働きがわかる
  • 糖質が太る理由がわかる
  • 糖質の過剰摂取で起きる病気について知ることができる

糖質の働き

まず糖質の働きについて解説します。

糖質が私たちの体でどんな働きをしているかは想像つくかと思いますが、

糖質は体を動かすエネルギーです!

糖質を摂取することによって、血中にブドウ糖として流れます。

このブドウ糖が私たちの体を動かすエネルギーです。

エネルギーが無ければ我々の体は動きません。糖質は体に不可欠な栄養素なのです。

しかし過剰摂取は禁物です。

過剰摂取するとどうなるか?

当たり前ですが太ります。

糖質の過剰摂取で太るワケ

糖質は私たちの生活の中に溢れています。ジュース、お菓子、スイーツの甘い食べ物だけでなく、米やパン、パスタなどの主食である食べ物にも豊富に含まれています。フルーツも果糖が含まれています。

このようにあらゆる食品に糖が含まれているので無意識のうちについつい摂り過ぎてしまいます。

太るメカニズムとしては、

①糖質を摂ることで血中に糖が流れる

②血糖値の上昇

③インスリン分泌

④脂肪合成促進

⑤脂肪がついて太る

こういった流れで太ります。

適度な脂肪は必要ですが、過剰についてしまった脂肪は健康を害します。

エネルギーとして使われなかった過剰な糖質は肝臓と筋肉内にグリコーゲンとして蓄えられます。肝臓と筋肉はエネルギー貯蔵庫です。

しかし、ここに蓄えられるのは限界があります。それ以上余ってしまうと皮下脂肪内に中性脂肪として蓄えられます。

ここまでは良しとしましょう。これ以上が劇的にヤバいです。

これでも蓄えきれなかった糖質は内臓脂肪になります。

本来内臓へ脂肪がつく場所ではありません。なので内臓脂肪は人体にとっては異物です。

この内臓脂肪が怖い病気を引き起こします。

内臓脂肪が引き起こす怖い病気

内臓脂肪はあらゆる内臓に付着しますが、肝臓に付くと劇的にヤバいです。

いわゆる脂肪肝です

脂肪肝と言えばアルコールを多量に飲む人がなる印象があるかと思いますが、糖質の過剰摂取でも脂肪肝になります。

内臓脂肪は体にとって異物なので体から追い出そうと免疫反応を起こします。これが炎症です。

慢性的に炎症が起き続けていると肝臓は機能不全を起こします。

この脂肪肝によって肝臓が不調を起こすと肝硬変のリスクが高まります。

肝硬変の症状として食欲不振、体重減少、慢性疲労、倦怠感などの症状が生じます。

そして肝硬変は肝臓がんの原因でもあります。

肝臓は沈黙の臓器と言われています。肝臓に癌が生じても痛みが出ません。ですのでかなり進行するまで気づきにくい癌です。

症状が出た時にはもう手遅れになっていることが多いという恐ろしい病気です。

肝臓癌も怖いんですけど、糖質の過剰摂取によって引き起こされる怖い病気として糖尿病が挙げられます。



糖尿病の怖さ

糖尿病はインスリンがうまく機能しないために血糖値をコントロールできなくなる病気です。

糖尿病と診断されると完治することはまずありません。

糖尿病の何が怖いかというと、合併症です。

糖尿病三大合併症

  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性腎症
  • 末梢神経障害

上記の合併症がとても怖いんです。

まず糖尿病性網膜症といって目の病気です。

この病気になると視力が低下し、最悪失明します。

そして糖尿病性腎症は腎臓の病気です。

腎臓が機能しなくなると老廃物と毒素が尿から排出できなくなります。

こうなると人工透析が必要になります。

人工透析は週3回、1回に4時間の時間を要します。人工透析によって体の毒素を排出するのです。

週三回で午前か午後の時間が丸々奪われます。透析をしなければ毒素を排出できないので、透析無しでは生きていくことができないのです。

そして末梢神経障害ですが、下肢の神経障害により下垂足や感覚障害が起きます。

進行すると歩行能力が奪われます。

そして感覚障害は痛みなど感じにくくなるためどこかに傷つけてしまって気づかないと細菌感染等が起きて下肢に壊死を起こすこともあります。壊死が起きると切断するしかありません。

以上が糖尿病の三大合併症の怖さです。

糖尿病によって視力を奪われ、残りの人生を人工透析に捧げ、最終的に自力で動くことも出来なくなるとても怖いです!


まとめ

今回は糖質が太る理由と過剰摂取によって引き起こされる怖い病気について解説しました。

私は医療現場で働いていますので、肝臓癌、糖尿病患者を目の当たりにしています。患者さんは非常に辛い治療を強いられています。そして長くは生きることができない怖い病気です。

しかし、これらは生活習慣を見直すことで予防できる病気です。

糖質制限という言葉もよく聞きますが、一番は食生活を見直すことです。

次回は糖質の摂取方法について書いていきたいと思います。

今回の参考文献としておすすめの書籍のリンクを下記に貼ります。

私も以前は不摂生で生活習慣が崩壊していましたが今では食生活を見直して健康な体を取り戻しました。

病気になってからでは遅いです。今から生活習慣を見直し予防していきましょう!

人生100年時代を生き抜くために私と共に健康増進に励みましょう!!

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

どうも、きんぐです! 今回はこのブログのメインテーマである人生100年時代を生き抜く3つの力について解説していきます。 最近【人生100年時代】という言葉をよく耳にします。 この言葉は、LIFE SH ...

2

どうも、きんぐです! 今回はヘビースモーカーだった私が禁煙できた方法についてまとめていきたいと思います! こんな方におすすめ タバコを辞めたいけど辞めれなくて苦しんでいる人 禁煙に何度も失敗して心が折 ...

3

どうも、きんぐです!! 今回は私が23kgのダイエットに成功した体験談を紹介します。 私は長年肥満体型に悩まされました。ダイエットして少し痩せてはリバウンドを繰り返していました。 仮に痩せたとしても体 ...

-健康の力