雑記

【書籍紹介】習慣に関することはこれ一冊あればOK!【超習慣術】からの学び

スポンサーリンク

どうも、ととです!

今回はメンタリストDaiGo氏の著書【超習慣術】の紹介とこの書籍から学んだことを書いていこうと思います。

みなさん、何か新しいことを始めたいとか、自分の悪癖を治したいことはありますか?

でもなかなか新しいことを習慣化しようとしてもなかなか続かず、悪い癖を治そうとしてもすぐに挫折して元通りなんてことありますよね?

私もそうでした。

私の場合の悪い癖とは、タバコ、お酒、ギャンブルでした。
過去に私の生活ぶりについて書いた記事のリンクを貼っておきますね!
【きっとあなたも希望を持てるはず!】ととの基本スペックと生活ぶり

悪い癖というのは治そうとしても、そう簡単に治すことは難しいです。

私も何度も何度も挫折しました。

今回の書籍【超習慣術】はそんな悩みを解決する方法を教えてくれる一冊になっています。

この本は一言で言うと【習慣の教科書】です。

これ一冊あれば習慣に関する知識やテクニックは網羅できるほど内容が充実しています。

ただ、習慣化テクニックを羅列するのではなく、科学的根拠を元に解説してくれているのでテクニックに信頼性があり、とても参考になります。

また、習慣化に大切な考え方やメンタル面についても解説しています。さすがメンタリストですね!!

新しいことを始めたい、習慣化したいことがある人や、悪習慣、悪癖をやめたいという方にとってお勧めの本です。

今回はその【超習慣術】から学んだことを書いていきたいと思います。

では行きましょう!!


人生の半分は習慣でできている。

みなさん習慣的な行動は人生でどのくらいを占めていると思います?

結論から言うと人生の半分は習慣的な行動が占めているんだそうです!

半分ですよ!

100年生きるとすれば50年は習慣的な行動をしているということ?(笑)

それだけ割合が多いんです!

しかも習慣的な行動のうち意識できているものは40%程度だそうです。

つまり習慣的な行動はほとんど無意識で行っているんです!

逆を言えば習慣をコントロールできれば、人生の半分を思うがままにできることになります。

習慣て人生にとってとても大きい存在に思えてきますよね?

では習慣を操るにはどうしたらいいのかをこれから解説していきたいと思います。

習慣化するために押さえておきたいこと

まず本書を読んで習慣化するためにはどうしたらいいかを、とと的に一言で言うと、

【習慣化したければ、より簡単に、よりシンプルにすること。そしてポジティブに楽しんで試行錯誤し継続すること】

だと思いました。

習慣化したければ、その行動をよりシンプルにして行動するハードルを下げることが大切です。

本書では20秒ルールとスモールステップいうテクニックを紹介しています。

習慣化したい行動、
例えば朝散歩を習慣にしたければ、朝散歩を始めるまでの時間を20秒短くすることです。

例えば朝起きてから着替える時間を短縮するために運動着を着て寝るや、寝床の近くに運動靴を用意するなど、朝散歩をしやすい環境を作ることです。

これは20秒短くすればいいということではなく、できる限り始めるまでの時間を短縮することを考えます。簡単に始めることができればできるほど習慣化しやすくなります。

そしてスモールステップは習慣化したい行動を細分化して小さく始めることです。つまり習慣化のハードルを下げることです。

例えば、ジムに通って筋トレを始めたいと思っているとします。

運動していない人が最初からジムはハードルが高いと思います。
そこで、ジムに通って筋トレすることを最終目標として、そこまでの道のりを細分化するのがスモールステップです。

どういうことかというと、

ジムに通って筋トレすることに向けて、まずは簡単な運動の習慣を身につけることを目標とします。

具体的には自宅でスクワットなどの侍従トレーニングから始めたり自宅周囲のウォーキングなど、なるべく簡単にできそうなものから始めます。

なるべく簡単なものから始めて、徐々にステップアップすることが大切です。

どのくらい細分化すればいいかというと、本書では50とか100段階など切りのいい数字でやるといいと書いています。そうすることで、100段階中10段階までできたら目標まで10%クリアしたと可視化できるからだそうです。

こうすることで自分が今どのくらいの位置にいるかわかり、モチベーションを保ちやすくなりますよね!

これが20秒ルールとスモールステップでした。

そして【ポジティブに試行錯誤して継続する】ですが、

習慣化しようとして、サボったり失敗したりすることがありますよね?

そんな時「自分はなんて意志が弱いんだ」などと自分を責めたり、自己否定しそうになります。

しかし、自己否定は習慣化にとってはNGです!

自己否定やネガティブな感情や自分に厳しくすることは習慣化するには逆効果です。

人間は楽しくないと継続できません。自己否定や自分に厳しくすることで習慣にしたいことが楽しくなくなります。自分を責めたりはせず、失敗しても次はどうしたらいいか、どうしたら失敗しないかを考えゲーム感覚で難関をクリアしていく気持ちで楽しくすることが大切です。

そして習慣化するためにどのくらい継続するべきかというと、

週4回を8週続けることで習慣化できるそうです。

運動を習慣化したいなら、週4回、8週続ければいいということになります。

運動を週4はキツイと思うかもしれませんが、やることに意味があるので、運動強度を減らして可能な範囲でやることが大切になります。

運動強度よりも頻度が習慣化には重要です。


本日の学び

習慣化するには
【より簡単に、よりシンプルにすること。そしてポジティブに楽しんで試行錯誤し継続すること】

が大切です。

そこで今回紹介したテクニックは20秒ルールとスモールステップです。

そして自己否定せず、ゲーム感覚でステージをクリアしていくように楽しんで取り組むことが大切です。

どのくらい継続するべきかは、週4回、8週間でした。強度より頻度です。

これが新しい習慣を身に着けたいときにするテクニックですが、逆を言えば、悪習慣をやめたければ、その行動を起こすことの手間を増やすことで悪習慣を辞めやすくすることができるということです。

やりようは沢山ありそうですね!

ここで紹介した内容はごくごくごくごく一部です。本書にはもっとたくさんのテクニックや知識が詰まっています。是非本書を手に取って習慣について学んでみてください。

また継続するために自己効力感を高めることが大切です。その考え方としてしなやかマインドセット、自己肯定感に関する記事も役に立つと思いますのでリンクを貼っておきますね!

2種類のマインドセットについて解説!あなたはどちらのマインドセットを選びますか?

【自分に満足していますか?】人生を豊かにするため自己肯定感を高めよう!

こちらの動画も参考にどうぞ

https://youtu.be/mqrXrLchX2k

本日はここまで!

少しでも参考にしていただけたら幸いです!!

ではまた!!!

カテゴリー

スポンサーリンク

-雑記

Copyright © 大きな樹 , All Rights Reserved.