健康の力

【少食最強!】腹八分に医者いらずは本当か?少食が健康に良いワケ

スポンサーリンク

どうも、きんぐです!

今回は少食が健康に良い理由について解説していきます。

「腹八分に医者いらず」ということわざがありますが、昔から健康のためにはほどほどに食べるのが良しとされています。

何故食べ過ぎは悪くてほどほどがいいのでしょうか?

具体的にはどれくらい食べるのがベストでしょうか?

今回はその疑問を詳しく解説していきたいと思います。

結論からいうと

栄養失調にならないくらいがベストです!

詳しく見ていきましょう!

この記事でわかること

  • 少食が健康長寿に欠かせない理由
  • 少食にする具体的方法



少食が健康長寿に良い理由

適度に食べるの【適度】とはどれくらいでしょうか?

【無病法】の著者であるルイジ・コルナロをみなさんご存じですか?

コルナロは15~16世紀に生きた貴族です。

コルナロは30代半ばから少食にしており、食べ物は1日340g、ワインはグラス2杯という食生活でした。

1日の摂取量が340g、ワイン2杯って少な過ぎない?と思いますよね!

でもコルナロはこれが丁度よかったそうです。

この極少食の生活をして102歳まで生きたそうです。しかも死ぬ直前まで普通に生活していたそうです。いつも通り昼寝したら、そのまま永遠の眠りについたという人です。

まさに夢のピンピンコロリです。

しかもその時は科学的根拠がない時代です。自分の身をもって少食が健康長寿に良いということを証明した偉大な人物です。

現代では少食が健康に良い理由が科学的に明らかになってきました。

ハーバード大学の老化研究の権威であるデビッド・A・シンクレア氏の著書、【LIFE SPAN】の中に食事制限が健康長寿に良い理由が記されています。

少食がなぜ健康に良いかというと、長寿遺伝子を活性化させるからです。

私たちの体にはサーチュイン遺伝子という長寿遺伝子があります。

適度なストレスをかける事でこのサーチュイン遺伝子は活性化し老化を防いでくれます。

詳しくは【老化は治せる⁈】ハーバード大学式!究極のアンチエイジング法とは?で解説していますので是非ご覧ください。

要するに少食はという適度なストレスによって長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子が活性化することで健康的に長生きできるというわけです。

コルナロの場合は栄養失調にならない程度の極少食によってサーチュイン遺伝子が活性化して102歳まで健康に長生きすることができたのです。

しかしコルナロのような食生活はなかなか難しいと思います。

そこでオススメするのが間欠式断食です。

間欠式断食の方法をいくつか紹介

最近人気を集めている間欠式断食ですが、科学的に健康長寿に有効であることがわかっています。

【LIFE SPAN】の中でも間欠式断食をオススメしています。

間欠式断食は一定期間のみ断食をする方法です。

間欠式断食の方法は様々ありますので実際に実践してみて自分に合ったやり方を取り入れると良いと思います。

間欠式断食は以下のような方法があります。

間欠式断食の種類

  • 16:8ダイエット
  • 5:2ダイエット
  • イート・ストップ・イート法

16:8ダイエット

これは16時間断食する方法です。所謂プチ断食と言われるものです。

16時間は何も食べず、水やお茶、ブラックコーヒーで過ごす方法です。

私もこの方法を実践して高い効果を出している方法です。具体的なやり方に関しては【画期的‼︎】運動無し・カロリー計算無しで痩せる⁈プチ断食というダイエット法‼︎で詳しく解説していますのでご覧下さい。

5:2ダイエット

これは週に5日は普通に食事をする。週2日は摂取カロリーを500㎉以下にする方法です。週に2日間だけ頑張れば良いので比較的やりやすい方法です。

イート・ストップ・イート法

これは週2~3日食べ物を一切摂らない方法です。

これは上級者向きの断食です。

またピーター・アッティア医師が実践している毎月丸々1週間空腹で過ごす断食もありますが、これらはなかなか初心者には難しいかと思いますほで、まずは16時間断食や5:2ダイエットから始めるのがいいと思います。


おわりに

今回は少食が健康に良い理由を解説しました。

なんとなくわかりましたでしょうか?

もともと私たちの体は飢餓に強い性質を持っています。逆に食べ過ぎにはうまく対応できません。

これは人体の進化が追いついていないからです。

これを詳しく知りたい方は文明病について知る必要があります。

文明病に関しては【進化のミスマッチ】生活が便利になるほど不健康になる⁈文明病を解説!で詳しく解説していますのでご覧下さい。

私も以前は大食いで毎日腹一杯食べていましたが、その頃は正直体調は良くなかったです。

それがプチ断食を始めてから体は軽いし集中力も高まり良いとこ尽くしです。

そんなに食べない方が人間は元気です!(笑)

みなさんにも是非体感して欲しいです。

人生100年時代を生き抜くために共に長寿遺伝子を活性化させましょう!

おすすめ書籍

おすすめ記事

こちらもCHECK

【老化は治せる⁈】ハーバード大学式!究極のアンチエイジング法とは?

どうも、きんぐです! 今回はハーバード大学式究極のアンチエイジング法についてです。 この記事の内容 老化は病気⁈ 老化は治せる? ハーバード大学式!究極のアンチエイジング法 みなさん、老化についてどう ...

続きを見る

こちらもCHECK

【画期的‼︎】運動無し・カロリー計算無しで痩せる⁈プチ断食というダイエット法‼︎

どうも、きんぐです! 今回は運動・カロリー計算要らずのプチ断食というダイエット法を紹介します! この記事の内容 プチ断食とは プチ断食のやり方 この方法は私が実際に23kgのダイエットに成功した方法で ...

続きを見る

こちらもCHECK

【進化のミスマッチ】生活が便利になるほど不健康になる⁈文明病を解説!

どうも、きんぐです! 今回はサイエンスライターの鈴木祐さんが提唱する【文明病】について解説します。 寝ても疲れが取れない なんか怠い なんだか不安 そんな不調を感じている人は多いんではないでしょうか? ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

どうも、きんぐです! 今回はこのブログのメインテーマである人生100年時代を生き抜く3つの力について解説していきます。 最近【人生100年時代】という言葉をよく耳にします。 この言葉は、LIFE SH ...

2

どうも、きんぐです! 今回はヘビースモーカーだった私が禁煙できた方法についてまとめていきたいと思います! こんな方におすすめ タバコを辞めたいけど辞めれなくて苦しんでいる人 禁煙に何度も失敗して心が折 ...

3

どうも、きんぐです!! 今回は私が23kgのダイエットに成功した体験談を紹介します。 私は長年肥満体型に悩まされました。ダイエットして少し痩せてはリバウンドを繰り返していました。 仮に痩せたとしても体 ...

-健康の力