メンタルの力

【最強メンタル】苦しみから解放される最強の状態【無我】になる方法

スポンサーリンク

どうも、きんぐです。

今回は悩みが無くなる最高の状態、無我について解説します。

人は多かれ少なかれ悩みを持っています。

  • 悩まずに生きていきたい
  • 悩みが無ければどれだけ幸せだろうか

こんな風に思った事はありませんか?

私はかなりめんどくさがりなので、めんどくさいので悩んだりしたくありません。

だけど、どうしても過去を悔やんだり、未来を予測し過ぎて不安になったりします。

過ぎたことを気にして、起きてもいないことに悩まされているという超めんどくさい状態です。

心配事の97%は起こらないという研究結果もあるくらい私たちの未来予測は当てになりません。

それでも私たちは悩みます。

そんな無駄な悩みを無くす最強の方法が存在します。

それが【無我】という状態です。

この【無我】という状態に入れれば私たちの悩みや苦しみはなくなり、無駄に悩むことも少なくなるでしょう。

ただこれは一朝一夕で身につくものではありません。練習が必要です。

この記事ではその【無】の状態に入るための練習方法を紹介していきます。

ざっくり最初に説明すると、

  • 思考を止める
  • 思考を観察する

詳しくみていきましょう。



苦しみはなぜ生まれるのか?

そもそも苦しみは何故生まれるのでしょうか?

それは単なる考えすぎているからです。

ブッダの言葉でこんな言葉があります。

一般の人と仏弟子との違いは「二の矢」が刺さるか否かだ

byゴータマ・ブッダ

簡単に言えば、自分で苦しみを増幅させている。

ということです。

例えば、「上司に怒られた」とします。

上司に怒られる事は一の矢です。

一の矢で受けるストレスは避けようがありません。これは誰しも受けるダメージです。仕方ありません。

問題はその後です。

上司に怒られたという一の矢に対して、

「何故俺なんだ?くそイラつく」と思ったり、後になって思い出してまたイライラするというのが二の矢です。

上司に怒られた。という現象に対してなんともない人もいれば、いつまでも根に持ってしまう人もいるのはこの二の矢のダメージを受けるか否かです。

この二の矢が苦しみの原因です。

二の矢は自分の捉え方次第でコントロール可能です。

ですので、なるべく二の矢を打たないこと。一の矢だけで終わるようにすることが大切なのです。

二の矢を打たず一の矢で済ませるには【無我】になることです。

次の章からこの【無我】について解説します。

【無我】という最高の状態になる方法

無我の状態になるために大切な事は以下の2点です。

  • 思考を停止させる
  • 思考を観察する

詳しくみていきましょう。

思考を停止させる

私たちは考えすぎているから悩みます。

「あの時こうしておけばよかった」などと変わらぬ過去を悔やんだり、

「将来の生活はどうなるんだろう」などと起きてもいない未来を心配しています。

私たちの脳にはデフォルトモードネットワーク(以下DMN)という機能が備わっています。

DMNは私たちが何もしていない時でも思考を巡らせる機能です。この機能が過去や未来について自然と考えてしまう原因なのです。

この苦しみから抜けるためにはこのDMNをストップさせればいいんです。

どう止めるかというと、

今に集中すればいいんです。

今私たちがいるこの場所に注意を向ければDMNの機能はストップします。

例えば、嫌なことがあってモヤモヤする時などは運動したり、大声で歌ったり、仲間と騒いだりすることでスッキリしませんか?そしてその時は嫌な事を忘れているもんです。

これがDMNが止まっている状態です。

運動したり、歌ったり、読書したりなんでもいいので何かに集中する、没頭するようにしましょう。

それが今に集中するということです。

私のおすすめは瞑想、サウナ、ランニングです。

瞑想は呼吸に集中し、サウナは温度環境に集中、ランニングは走ることに集中します。

上記は自分の体の状態に集中するため、考え事をしていてはできないものです。

今に集中するにはもってこいです。

詳しい方法については下記リンクをご覧下さい↓↓

こちらもCHECK

【心の筋トレ】鋼のメンタルを手に入れるマインドフルネス瞑想のやり方を紹介!

どうも、きんぐです! 今回はマインドフルネス瞑想について書いていきたいと思います! この記事の内容 マインドフルネス瞑想の効果 マインドフルネス瞑想のやり方 瞑想ってどんな印象がありますか? 修行とか ...

【アンチエイジング】驚愕のサウナ効果と正しい入り方を徹底解説‼︎

どうも、きんぐです。 今回は私が大好きなサウナについてです。 温泉に行くとおじさん達がサウナに入ってるけど効果あるの? サウナ入った直後に水風呂って体にわるいんじゃないの? そういった疑問を持っている ...

続きを見る

思考を観察する

思考を観察するというのは客観的にみるという事です。

例えば上司に怒られたとしましょう。怒りの対象が自分だと苛立ちや怒りが生まれやすいです。

しかし、怒られている人が別な誰かだったらどうでしょう。

第三者として苛立つことなくその現象を冷静に分析できます。

思考を観察するというのは自分の思考を客観的にみるということです。

将来に不安を感じたことに気づいたら

「今将来について不安を感じた」

苛立ちを感じていたら

「今苛立っている」

などと今ある感情をそのまま観察しましょう。

何故?などとは考える必要はありません。理由を考えるとそれはあなたの主観になってしまいます。

感じたこと、考えていることをただ観察するだけです。

この思考を観察する練習としては、やはり瞑想が最強だと思います。

瞑想で思考を観察するテクニックを紹介します。

  • 雲のメタファー
  • 草原のメタファー

メタファーとは簡単に言えば「置き換え」です。

要するに頭の中を雲や草原に置き換え、それをただ眺めるという方法です。

雲のメタファーでは雲が思考だとします。

怒りという思考が生まれたら、その怒りという雲を流れていくのをただ眺めましょう。

草原のメタファーでは、草原にいる牛や羊などを思考だとします。

怒りが生まれたら牛は暴れ出します。

それをただ見て鎮まるのを待つだけです。

いずれその怒りという思考は消えて無くなります。

このように感情や思考をただ眺める練習をして自分の思考を客観的に見ることができるようになることを思考の観察といいます。

なんとなくわかりましたか?



おわりに

今回は【無我】について解説しました。

自己の意識が強いと一の矢に対して二の矢、三の矢と次々に自分に向けて矢を放ち苦しんでしまいます。

自分を持つ事は大事ですが、苦しいのなら一旦手放すのも有りです。

自分の内面を客観的にみることができれば悩み、苦しみがグッと減ります。

私も無我に入れるよう停止と観察の練習を頑張ります。

関連記事として以下にリンクを貼っておきますので是非ご覧下さい↓↓

こちらもCHECK

【もう悩まない】現代社会でも使える超合理的なブッダの考えとは?

どうも、きんぐです! 仕事に行きたくない! 人間関係が疲れた! そんな悩みを持っている人は多いと思います。 このストレス社会を生きる上で悩みは付き物です。 多かれ少なかれ誰でも悩みを抱えているものです ...

【承認欲の奴隷⁈】アドラー心理学で本当の自由を手に入れろ!

どうも、きんぐです! 今回はアドラー心理学についてお話ししていきます。 この記事の内容 アドラー心理学の特徴 アドラー心理学で本当の自由手に入れよう! ところで皆さんアドラー心理学はご存知ですか? 私 ...

おすすめ書籍

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

どうも、きんぐです! 今回はこのブログのメインテーマである人生100年時代を生き抜く3つの力について解説していきます。 最近【人生100年時代】という言葉をよく耳にします。 この言葉は、LIFE SH ...

2

どうも、きんぐです! 今回はヘビースモーカーだった私が禁煙できた方法についてまとめていきたいと思います! こんな方におすすめ タバコを辞めたいけど辞めれなくて苦しんでいる人 禁煙に何度も失敗して心が折 ...

3

どうも、きんぐです!! 今回は私が23kgのダイエットに成功した体験談を紹介します。 私は長年肥満体型に悩まされました。ダイエットして少し痩せてはリバウンドを繰り返していました。 仮に痩せたとしても体 ...

-メンタルの力