健康

【痩せるだけじゃない⁉︎】私が一日一食を続ける3つの理由とは?

スポンサーリンク

私が一日一食と出会ったのは去年の春のことである。

当時107kgの超肥満体型だった私は、手軽に痩せる方法はないかとスマホでポチポチ検索していた。

調べていると「プチ断食」というダイエット法が出てきた。

それはメンタリストDaiGoが YouTubeで解説していた。

プチ断食はカロリー制限、激しい運動不要なダイエットだそうだ。

めんどくさい計算や運動嫌いの私にはもってこいのダイエット法だ。

一日3食しっかり食べなさいと教育されてきたからちょっと疑念はあったが、早速やってみた。

結果は、効果絶大だった!

107kgあった体重が1年後には84kgになった。

23kgの減量に成功したのだ!

減量に成功した今でも一日一食は続けている。

続けている理由はダイエット効果があること以外にも理由がある。

その理由とは以下の3つだ。

一日一食を続ける3つの理由

  1. アンチエイジング
  2. 自制心向上
  3. 節約

今回はこの3つの理由について解説していく。



理由① アンチエイジング

一日一食はアンチエイジング効果があるそうだ。

一日一食と聞いた時まず思ったのが、

体に悪いんじゃない?だ。

昔から3食しっかり食べなさいと教えられてきたから3食食べるのが健康的だと思い込んでいた。

だけど全く正反対だったのだ。

そもそも人体は空腹に強くできているらしい。

大昔、木の実を採ったり狩りをして暮らしていた時代があった。これを狩猟採集時代と呼ぶ。

この時代はスーパーとか無いから獲物を捕らえなければ食糧は無い。だから獲物がいなくて飯抜きなんて日常茶飯事だったのだ。

そんなサバイバル時代でも生き残る機能が人体には備わっている。今も尚、その機能は顕在だ。

その機能を「オートファジー」と呼ぶ。

これは空腹時にのみ発動するシステムである。

この機能がどんな機能か一言でいうと、

【リサイクル屋】だ。

もう少し深掘りする。

空腹でも活動するためのエネルギーは必要になる。だから不要な細胞を分解してエネルギーに変える。また古い細胞を分解して新しい細胞に作り変える機能だ。

不用品を利用してエネルギーを作ったり、新しい細胞に作り変える。まさに【人体のリサイクル屋】だ。

一日一食、厳密には16時間空腹時間を作ることでオートファジーが発動し、アンチエイジング効果を享受できるのだ。

一日一食で老化防止になる。これが一日一食を続ける1つ目の理由である。

理由② 自制心向上

16時間以上もの空腹時間を作るとなれば、

ある程度空腹感と戦わなければいけない。

特に最初は猛烈に空腹感を感じて辛い。

だが続けていくことで空腹感に慣れてくる。

次第に食欲という欲望をコントロールできるようになってくる。

欲望は人間の本能にあたる部分だ。それをコントロールできるようになればあらゆる欲望にも負けず対処できるようになる。

つまり、自制心が高まるということだ。

自制心が向上すれば、あらゆる物事が成功しやすくなる。

現に私は一日一食にしてから、

ダイエットに成功し、禁煙に成功し、禁酒にも成功した。

あらゆる衝動に負けずコントロールできるようになったのだ。

一日一食が自制心を高めるとは思わぬ副産物だった。

これが二つ目の理由である。

理由③ 節約

一日一食は節約効果も発揮してくれる。

理由は以下の通りだ。

  • 食事回数が減ることで食費が減る
  • 自制心が高まり衝動的な行動が減る

私の場合は二食分の食費が浮き、タバコ、お酒を辞めたことでコンビニに寄ることも無くなった。結果的にお金を使う事が激減した。

前は朝にコンビニに寄ってタバコとコーヒーを買い、昼にはおにぎりを買っていた。

毎日お金を使っていたが現在はお金を一切使わない日が多くなった。

以前は生活費が赤字でボーナスで補填していたが、現在は生活費は黒字になり、ボーナスはほぼ貯金に回せるようになった。

一日一食は節約効果絶大だ。



おわりに

以上が私が一日一食を続ける3つの理由だ。

まとめると、

一日一食を続ける3つの理由

  1. アンチエイジング
  2. 自制心向上
  3. 節約

かれこれ一日一食生活を1年以上継続しているがマジで人生変わったと実感している。

一日一食生活は最初の数週間は空腹感が辛いと感じるかもしれないが次第に慣れる。

慣れると辛さは皆無。ただの日常になる。

こうなれば普通に生活しているだけで、若さを保ち、自制心が強くなり、お金が貯まっていくというスーパーマンになれるのだ。

もはややらない理由が見つからない。

一日一食、プチ断食に興味があるなら是非やってみて欲しい。

最後に一日一食、プチ断食について詳しく知りたい方へおすすめの書籍を以下に貼っておくので参考にして欲しい↓↓

スポンサーリンク

-健康