健康

【禁煙希望者必見!】禁煙中一番ツラい吸いたい衝動への対処法2選!

スポンサーリンク

今回は禁煙中一番ツラかった喫煙衝動への対処法を紹介する。

この記事の内容

  • 喫煙衝動の対処法
  • 呼吸コントロール
  • 喫煙習慣の置き換え

禁煙で一番ツラいのはタバコを吸いたい!という衝動だ。

このタバコを吸いたいという衝動の力は凄まじい。

私はこの衝動に耐えられず何度も失敗した。

どうしたら辛い喫煙衝動を抑えれるのか。これが私が禁煙中一番知りたかった情報だ。

この衝動への対処法さえ押さえておけば成功率はグッと上がる。

喫煙衝動への対処法として私が一番効果的だと思う方法を2つ紹介する。

喫煙衝動への対処法

  • 呼吸をコントロールする
  • 習慣を置き換える



呼吸をコントロール

一番手軽で効果的なのが呼吸コントロールだ。

呼吸をコントロールすることで自律神経安定させる。

喫煙衝動が強い時は交感神経が優位になっている。

その時呼吸は浅く、速い呼吸になる。

交感神経が優位になる状況は、

興奮、不安、パニックに陥った状況だ。

要するに戦闘モード状態である。

こうなると理性は効かなくなり、衝動に負けてしまう。

この対処法として副交感神経を優位にするほかない。

副交感神経が優位になればリラックスでき、興奮状態を抑えることが可能だ。

やり方は簡単で、息を長く吐くこと。

気持ちを落ち着かせるために深呼吸しようとかよく聞くがその通りだ。

深くゆっくりとした呼吸を意識する。

特に息を吐くことに意識を向けることで興奮状態を鎮めることができる。

タバコを吸いたいと感じたら自分の呼吸がどうなっているか確認し深くゆっくりとした呼吸を意識しよう。

ポイント

  • 深く・ゆっくりとした呼吸を意識する
  • 特に息を吐くことに集中。できるだけ長く息を吐く

喫煙習慣を別な習慣に置き換える

2つ目の対処法としてタバコを吸いたいと思ったら何か別な行動をとろう。

人間は何もせずただ我慢ということはできない。だから何か別な行動をとり気を逸らすことが効果的だ。

行動はタバコ吸う以外であれば何でもいい。

ポイントはタバコ吸いたいと思ったら即座に行動すること。

例えばタバコ吸いたいと思ったら階段を上り下りを繰り返すことやスクワット、散歩、読書などなんでもいい。

これを続けていけばタバコを吸う習慣が代替した習慣に置き換わる。

習慣が置き換われば喫煙衝動はかなり軽減する。

私の場合は吸いたいと思ったらコーヒーを飲むこと、深呼吸、健康に関する情報を調べるという行動をした。

ちなみに心拍数が上がるような運動は前頭葉の機能を高めてくれるので衝動的な行動が減るそうだ。

たしかに息が上がるような運動直後は食欲や喫煙欲が抑えられる。

習慣が置き換わるまでは8週~12週間かからとされている。私の場合は約3カ月かかった。

習慣が置き換わるまでどんな手を使ってもいいので自分に合った代替行動を見つけよう!


おわりに

今回は喫煙衝動への対処法を2つ紹介した。

特に習慣置き換え作戦は禁煙成功した人たち皆やっていることだ。

例えば

  • 禁煙して食欲が増して太った
  • ご飯が美味しい
  • 甘い物が無性に食べたくなる

などよく聞くが、これは喫煙習慣を食べることに置き換えているだけだ。

喫煙欲を食欲で満たしているのだ。

でもそれでいい。なんでもいいから喫煙習慣を消すことが最優先だ。

それで仮に太っても、あとでダイエットすればいいだけ。

衝動を抑えることができれば禁煙成功したも同然。自分に合った行動を見つけて実践してみよう。

今回は紹介した喫煙衝動の対処法は自力で抑える方法だ。

しかし自力では中々難しいという人も多いだろう。

そんな方には禁煙外来をおすすめする。

禁煙外来で貰う薬は喫煙衝動を抑える効果が高い薬だ。

どうしても衝動を抑えられないという人は一度試して欲しい。

私も禁煙外来に通った経験がある。

詳しくは下記リンクをご覧頂きたい↓↓

こちらもCHECK

【実体験】禁煙外来のメリット・デメリットと禁煙成功最大のポイント!!

今回は禁煙外来のメリット・デメリットと禁煙成功最大のポイントを紹介する。 この記事の内容 禁煙外来って何をするのか? 禁煙外来のメリット・デメリット 禁煙外来を通して禁煙成功最大のポイント タバコ辞め ...

また私が禁煙成功した方法について詳しく知りたい方は下記のリンクをご覧下さい↓↓

禁煙に役立つ参考文献

スポンサーリンク

-健康