健康 雑記

あなたは眠れていますか?睡眠負債が引き起こすデメリットと睡眠改善法を紹介【おすすめ書籍・動画紹介】

スポンサーリンク




どうも、ととです!

みなさん、眠れていますか?

「寝てはいるけど、すっきり起きれない」「寝ても寝ても疲れが取れない」という方、

眠れていない可能性が大です!!!

かくいう私はしっかり眠れているかというと、全然です。正直寝るのが苦手です!

夜に何回か起きたり、なかなか寝付けなかったりと上手に寝る自信はありません。

苦手なので睡眠に関して調べて、睡眠の質を改善してやろうじゃないかと思い立ちました。

ということで、睡眠について書いていきます。

睡眠が体に引き起こす影響と睡眠の質を向上させる方法を紹介します。

なかなか寝れない、寝ても疲れが取れないという方に少しでも参考になれば幸いです。

では行きましょう!!


睡眠負債が人生を奪う!?睡眠負債のデメリット

みなさん、睡眠不足を舐めていませんか?

私は正直睡眠を舐めていました!

大学の時は【オール】とかいって朝まで飲み歩いたり、カラオケ行ったりして遊んでいましたし、テスト前日は徹夜でテスト勉強したりしていました。

しかし、睡眠を舐めているとヒドい目に合います。

睡眠不足で溜まるダメージは少しずつ少しずつ蓄積していき時間経過とともに大きく膨れ上がります。

これを睡眠負債といいます。

負債はしっかりと返さなければいけないものです。返さなければどうなるか?

借金取りが来ます!!借金取りが返済を求めて襲ってきます!!そして奪っていきます!!

何を奪うか?

あなたの人生を奪います!!

ここから睡眠負債のデメリットを羅列していきたいと思います。

  1. 老化する
  2. 寿命が縮む
  3. 太る
  4. プレッシャーに弱くなる
  5. 貯金が少なくなる

というデメリットが挙げられます。

人間は睡眠によって脳・体の疲労を回復させ、記憶を整理します。そして成長ホルモンが出ることでアンチエイジング効果があります。そしてなにより、副交感神経が活性化しリラックスできます。

なので寝不足になると、疲労が蓄積し、老化します。交感神経が活発になり常に興奮・緊張モードになります。

交感神経と副交感神経の自律神経はお互い良いバランスを保って生命維持に役立っていますが、

睡眠不足によりバランスが崩れ、副交感神経が抑制され、交感神経が優位になると、

高血圧、心臓病、脳卒中などの危険性が高まります。

また脳の血流が低下することで、前頭葉の働きが鈍くなります。ので判断力が低下し誘惑に弱くなります。

前頭葉は、判断力やストレス処理を司る部位です。この部位の働きが鈍くなることによって、

判断力低下、誘惑に弱くなる、プレッシャーに弱くなるということが起きます。

結果的に誘惑に負け肥満になり、ストレス処理がうまく行われずプレッシャーに弱くなったりメンタルが低下します。そして判断力が低下しお金さえも奪っていきます。

睡眠負債はあなたの心身の健康、財産を奪います。人生を根こそぎ奪っていくのです。

怖いですよね!!

でも逆を言えば、睡眠を改善することによって

心も体も若返り、健康的な体を手にすることができます。そして冴える脳でパフォーマンス向上が向上することでより良い人生を送れるようになるのです。

なので睡眠負債を返済し、最高の脳と体を手にするため、睡眠を改善させましょう!!!

次から睡眠を改善するテクニックを紹介します。


睡眠を改善する5つのテクニック

ここから睡眠の質を改善するテクニックを5つ紹介します。

  1. 朝散歩で30分日光に浴びる
  2. 寝る90分前にお風呂で湯船に15分浸かる
  3. 光を制限する
  4. 環境音を聴いて深呼吸
  5. 寝る時間を一定にする

です。解説していきます。

しっかりとした睡眠をとるには、朝から準備が始まります。そこでまず朝散歩で日光を浴びます。

日光を浴びる目的は、メラトニン分泌促進と体内時計をリセットするためです。

日中に日光を浴びておくと夕方に睡眠に必要なメラトニン分泌が促進されます。

1日は24時間ですが、体内時計は24.2時間と少しずれているんです。この体内時計をリセットするには日光を浴びる必要があります。日光を浴びなければ少しずつ体内時計がずれ、日中に眠くなり、夜は目が覚めてしまいます。昼夜逆転です。

こうならないように朝散歩で30分は日光を浴びましょう!

次に湯船に15分浸かるです。

寝るためにはDPGを拡大させるのが重要です。

DPGとは深部体温と皮膚温の差のことをいいますが、眠るためには深部体温を下げ、皮膚温を上げることが必要です。

湯船に入ると体温は上がるんじゃない?と思いますよね?

そうなんです、一時的にグッと体温を上げるために湯船に15分浸かるんです。

体温が上がると少しずつ体温は下がります。

湯冷めするとかいいますが、この湯冷めを利用するんです。

寝る90分前にお風呂に入ることによって深部体温が良い具合に下がり、DPGが拡大し寝やすくなります。

しかし、お風呂入ってから寝るまでの90分はスマホやパソコン、テレビなど激しい音楽を聴いたり映像を観ないようにしてください。

特にスマホやパソコンはブルーライトを出しています。ブルーライトは太陽から出ている光ですが、ブルーライトを夜浴びることで体がまだ夜ではないと勘違いしてしまい、交感神経が活発になってしまいます。

交感神経が活発になると眼が冴えてしまい眠れなくなりますので副交感神経を活発にするために、

川のせせらぎのような環境音を聴いて、深呼吸してリラックスする時間にしてください。

そしていつも一定の時間に寝るようにすると習慣になり眠りやすくなります。

  1. 朝散歩で30分日光に浴びる
  2. 寝る90分前にお風呂で湯船に15分浸かる
  3. 光を制限する
  4. 環境音を聴いて深呼吸
  5. 寝る時間を一定にする

以上の5つの方法を実践することで睡眠の質は改善しますので試してみて欲しいと思います。


まとめ

今回は睡眠負債のデメリット、睡眠の改善のテクニックについて紹介しました。

睡眠負債は私たちの人生を確実に奪います。逆に睡眠を改善すれば人生は好転します!!

睡眠の質を改善するために5つの方法を紹介しました。

  1. 朝散歩で30分日光に浴びる
  2. 寝る90分前にお風呂で湯船に15分浸かる
  3. 光を制限する
  4. 環境音を聴いて深呼吸
  5. 寝る時間を一定にする

睡眠でお悩みの方は是非試してみて欲しいです。睡眠に関してのおすすめ書籍・動画を紹介します。

https://youtu.be/qsQgqNpuhks

パレオダイエットの教科書は睡眠について書いている部分もあるので参考にしてみてください。

ですが、睡眠を阻害させる要因はまだまだあるかと思います。

例えば私は以前夜間頻尿に悩まされていました。30代前半で・・・(笑)

頻尿などある方は頻尿を改善した記事のリンクを貼っておきますので是非試してみてください。

【尿トラブル解決】こまめに済ませることは必ずしも良いとは限らない!【頻尿の悩み】

そして、サウナや瞑想なども睡眠の質を上げる効果がありますのでサウナ・瞑想の記事とおすすめ書籍のリンクを貼っておきますね!

【サウナのすゝめ】サウナの驚くべき効果と正しいサウナの入り方を解説【おすすめ書籍・動画あり】

メンタリストDaiGo氏の【サウナで脳を変える方法】の動画からの学ぶこと

【じっとする練習】前頭葉を鍛えるマインドフルネス瞑想の目的と【とと流瞑想法】

私は睡眠が苦手でしたが、今ではしっかりと睡眠がとれるようになり、慢性疲労からも解放されました。

私のように睡眠に悩んでいる人に是非実践して快適な睡眠をとって頂きたいと思います。

今日はここまで!

少しでも参考になれば幸いです!!

ではまた!!!

スポンサーリンク

-健康, 雑記

Copyright © 大きな樹 , All Rights Reserved.