雑記

【悪癖改善】気づいたら爪を噛んでる!ととの爪噛み癖の治し方を紹介【バイターストップの効果】

スポンサーリンク




どうも、ととです!

今回はととが爪噛み癖に悩んだ話と治し方についてお話ししたいと思います。

実はととは幼いころから爪を噛む癖がありました。

気づいたら指は口にあり、いつも深爪状態・・・

爪なんて伸びていたことなんて一度もなかったです。。。

ずっとやめたいと思っていたんですが、気づくと爪を噛んでいます。そうなると【どうにでもなれ効果】が発動し、止まることなく一気に嚙み切ってしまいます。。。

それからやめたいと思いつつもやめれない日々が続き、アラサーになってしまいました。

さすがに人前では爪を噛むことはしなくなりましたが、一人になった時や、考え事をしているときは気づくと爪を噛んでいました。

そこで出会ったのが【マヴァラ バイターストップ】という商品です。

このバイターストップを使って私は爪噛み癖を辞めることができました。

どのようにして辞めたのかを紹介したいと思います。

では行きましょう!!


爪噛み癖の分析

まず爪を噛む癖が出る、トリガーは何となくわかっていました。

私の場合、一人で考え事をしている時や思い詰めている時に噛んでいました。

トリガーをなくすためには考え事をしないことが一番良いのでしょうが、「今日仕事帰ったら何しようかな」とか「今日何食べるかな」とかそういった平凡な考え事でも爪を噛んでしまうのでした。

思考を止めれば噛まなくなるかもしれませんがそうもいきません。。。

爪噛み癖を辞めるのが難しいのは、無意識に行っている行為だからです。

爪を噛む行為はタバコやアルコールのように欲求が生じて行っている行為ではなく、無意識に習慣となってしまっている行為だから難しいのです。

これが厄介でした。気づいたら深爪になっているんですから。。。

たぶん爪噛み癖に悩んでいる人でないとこの感覚はわからないと思いますが、本当に気づくと爪は口元にあるんですよ。

これを辞めるためにどうしたらいいのかヒントをくれたのは

メンタリストDaiGo氏の著書、超習慣術という書籍です。

この本の中で、悪癖対策について書かれている部分を参考にやめることができました。

どういった方法でやめたかを紹介します。

爪噛み癖を辞めた方法

超習慣術の中から爪噛み癖を辞めるのに特に役に立ったテクニックが、

ビジュアル・リマインダー逆説的介入というテクニックです。

ビジュアル・リマインダーとは

ビジュアル・リマインダーとは悪い癖をすることに気づけるよう目印を付けることです。

爪噛み癖は無意識に行ってしまうものですので、まずは爪を噛もうとしていることに気づくことが重要です。

つまり、無意識を意識下にもっていくことがスタートラインです。

意識下にもっていくことができればあとは爪を噛まないと指令を出すだけです。この癖は肉体的欲求ではないので、爪を噛まない!と指令を出せばやめれるはずです。

逆説的介入とは

逆説的介入とは悪癖行為をあえて意図的にやることです。

これは無意識の行為を意図的にやる行為だと脳に認識させるための方法です。

意図的にやる行為だと脳がわかれば、コントロール可能な行為になるのです。

そして人間は強制されるとやる気を無くす生き物です。

例えば、親に「勉強しなさい」と言われるとやる気が一気に失せますよね?

それと一緒で悪癖を強制すると悪癖をやる気が失せます。

この逆説的介入はいろんなことに使えます。

寝なきゃと思って寝よう寝ようと頑張ってもなかなか寝付けないことありますよね?

そんな時は逆に「朝まで絶対起きてやる」と思った方が、眠れるのです。

これは私が実証済みです!!

やろうやろう、やめようやめようと思っても逆の行動をとってしまう。まさに天の邪鬼ですよね!

人間て面白い(笑)

逆説的介入の参考動画もリンクとして貼っておきますね!

https://youtu.be/1uW3AyslO10

爪噛み癖を治す救世主!バイターストップ!の使い方

ここで私がオススメしたいのは【バイターストップ】を爪に塗ることです。

ビジュアル・リマインダーと逆説的介入に持ってこいの商品です。

バイターストップとは、トップコートです。

トップコートってマニキュア?のようなものですよね?←私もあまりよくわかっていない(笑)

バイターストップは赤ちゃんの指しゃぶりや爪噛み癖を抑制するものです。

ギネスブックに載るほどの強い苦み成分が配合されているのだそうです。

私の娘が指しゃぶりをしているのでそれを辞めさせるために妻が購入しました。

試しに私も使ってみたのですが、

結構不快な苦み・・・しかも自然にはなかなか取れない・・・

付けてから3~4日は苦みが継続しました。

これを付けて爪噛み癖撃退に挑みました。

バイターストップを付けることでビジュアル・リマインダーになり、爪は噛まないが逆説的介入で意図的に爪を舐めることで苦みの不快さを脳に刻み込みました。

最初は無意識に爪を噛もうとしていましたが、苦いので爪を噛もうとしていたことに気づきます。そして徐々に爪を噛む行為をしなくなりました。

バイターストップが切れてからも、爪を噛もうとすることに気づくようになり、やめることができました。

こうして私は長く苦しめられた爪噛み癖から解放されました。


本日の学び

今回はととの爪噛み癖についてとその治し方について解説しました。

爪噛み癖は無意識の行為であるため、まずはその行為を意識下にもっていくことが大切です。

そのために、

ビジュアル・リマインダーと逆説的介入という方法を使いました。

その方法に持ってこいだったのが、【バイターストップ】でした。

爪噛み癖に悩んでいる方は是非試してみて欲しいと思います。

今回の記事内容は爪噛み癖に限らず、様々な悪癖対策に使えると思います。

そして超習慣術、おすすめの書籍です。

【書籍紹介】メンタリストDaiGo氏の著書【超習慣術】からの学び

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

今日はここまで!

ではまた!!

カテゴリー

スポンサーリンク

-雑記

Copyright © 大きな樹 , All Rights Reserved.