健康の力

【謎の不調を解消!】体を守る炎症と不安、体を破壊する炎症と不安とは?

スポンサーリンク

どうも、きんぐです!

今回は炎症と不安についてお話しします。

炎症と不安て聞くとあまり良いイメージは無いと思うでしょうが、本来炎症と不安というものは私たちの体を守るために備わった機能です。

炎症と不安があったからこそ人類は生き残ってこれました。

しかし現代はその炎症と不安によって体が破壊されてきています。

何故そのように変わってしまったのか?

昔と現代では何が違うのか?

今回はそこら辺を詳しく解説していきたいと思います。

この記事の内容

  • 炎症と不安の役割
  • 体を守る炎症と不安、体を壊す炎症と不安の違い



炎症と不安の必要性

炎症と不安は生き残るために何故必要だったのでしょうか?

ざっくりまとめると下記のようになります。

  • 炎症は異物を除去するため
  • 不安は危機察知し危険を回避するため

炎症は擦り傷や打撲など怪我をしたときは腫れて赤くなり、痛みを出します。また風邪を引いた時熱が上がるのも炎症です。

このように炎症は体内に入ってきたウィルスや細菌などの異物を処理するために必要な反応です。

具体的には熱が上がるのはウィルスや細菌の働きを弱め、白血球などの免疫機能を高めるために必要です。

不安は危機察知能力です。未来に起きる出来事を想定し備えるために不安があります。

この炎症と不安が無ければどうなるでしょうか?

炎症が無ければウイルスや細菌に侵され死のリスクが高まります。

不安が無ければ危険な場所に無闇に入り込み猛獣に襲われたり、事故に巻き込まれるなど死のリスクが高まります。

このようにどちらも無ければ死のリスクが高まります。

つまり炎症と不安両者とも生き残るために必要不可欠な能力なのです!

では何故現代はその炎症と不安によって体が壊されているのでしょうか?

昔と今の炎症と不安の違いを次の章から解説していきます。

原始時代と現代の炎症と不安の違い

昔と今の炎症と不安は何が違うのでしょうか?

それは炎症と不安の長さが変わったからです。

原始時代の炎症と不安は「短期的でわかりやすい炎症と不安」です。

例えば原始時代の炎症は

  • 外傷、怪我
  • ウイルスや細菌などの感染症

原始時代の不安は

  • 森の中から猛獣が襲ってくるかもしれない
  • 崖が崩れて落下するかもしれない

といった感じで対象が明確で問題が解決すれば炎症も不安も無くなります。

怪我も風邪も数日経てば治りますし、森や崖に近寄らなければ不安もなくなります。

このように短期的でわかりやすいというのが本来の炎症と不安です。

それが現代では「長期的でわかりにくいもの」に変化しました。

どういうことかというと、

  • 風邪では無いが体調が悪い
  • 転んでないけど膝が痛い
  • よくわからないけど不安

こういったような原因不明の体調不良と謎の不安が現代の炎症と不安です。

この原因不明の体調不良と謎の不安の原因は、内臓脂肪と睡眠不足、遠い未来が原因です。

脂肪は体を動かすエネルギーです。本来は皮下脂肪や肝臓などに蓄えています。

しかし現代人はカロリーの過剰摂取によって皮下や肝臓に蓄えられないほど脂肪量が増えてしまいました。余分な脂肪は行き場を失い内臓に脂肪がついてしまいます。これが内臓脂肪です。

脂肪は内臓に付くものではないので体は異物と判断して炎症反応を起こします。

内臓脂肪は炎症反応で減るものでは無いですから、長期間炎症反応が続きます。

次に睡眠不足です。

睡眠不足は脳に炎症を起こします。

睡眠は脳疲労や内臓の疲労を回復するための貴重な時間です。

しかし睡眠不足になると疲労回復できないので疲労物質が溜まり炎症を起こします。

睡眠不足も炎症反応です治るものではないので長期間炎症反応が続きます。

そして【遠い未来】とは何かというと、

現代の不安は原始時代に比べて未来の距離が遠すぎるということです。

原始時代の不安は狩りが終われば無くなりますし、危険な場所から離れれば不安は無くなります。

しかし現代は何十年先の老後に不安を感じたり、温暖化で地球が壊れるなどと遠い未来に不安を感じています。

長期間炎症と不安に晒されると体は休む事ができません。常時戦闘モードなのでリラックスできません。

これが現代人の体を破壊する炎症と不安でした。

まとめ

以上が昔と今の炎症と不安の違いでした。

本来炎症と不安は短期的でなければいけないのが現代では超長期化しています。

慢性炎症・慢性不安は身を滅ぼします。

原因不明の体調不良、謎の不安は生活習慣病や鬱などの病気を引き起こします。

これを文明病といいます。文明病にならないためには生活習慣を見直す必要があります。

文明病について詳しく知りたい方、解決方法を知りたい方は【進化のミスマッチ】生活が便利になるほど不健康になる⁈文明病を解説!で詳しく解説していますので是非ご覧下さい。

こちらもCHECK

【進化のミスマッチ】生活が便利になるほど不健康になる⁈文明病を解説!

どうも、きんぐです! 今回はサイエンスライターの鈴木祐さんが提唱する【文明病】について解説します。 寝ても疲れが取れない なんか怠い なんだか不安 そんな不調を感じている人は多いんではないでしょうか? ...

続きを見る

慢性炎症と慢性不安を解消して本来の体調を取り戻しましょう!

参考文献

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

どうも、きんぐです! 今回はこのブログのメインテーマである人生100年時代を生き抜く3つの力について解説していきます。 最近【人生100年時代】という言葉をよく耳にします。 この言葉は、LIFE SH ...

2

どうも、きんぐです! 今回はヘビースモーカーだった私が禁煙できた方法についてまとめていきたいと思います! こんな方におすすめ タバコを辞めたいけど辞めれなくて苦しんでいる人 禁煙に何度も失敗して心が折 ...

3

どうも、きんぐです!! 今回は私が23kgのダイエットに成功した体験談を紹介します。 私は長年肥満体型に悩まされました。ダイエットして少し痩せてはリバウンドを繰り返していました。 仮に痩せたとしても体 ...

-健康の力