メンタル

【メンタル強化】”今ここに集中する”ってどういうこと?DMNをoffにして脳疲労をリセット

スポンサーリンク



この記事でわかること

  • 過去・未来に囚われず【今ここ】に集中する重要性がわかる
  • 脳疲労リセット方法がわかる

こんな方におすすめ

  • 日頃、過去や未来のことを考えて疲弊している人たち
  • 脳疲労をリセットする方法を知りたい人たち

どうも、ととです!

 

みなさん、今を生きていますか?今ここにいますか?

今ここで生きてるにきまってるじゃない!(笑)と思いますよね!

でも、ほとんどの人は今を生きているはずなのに”今ここ”にいないんですよね。

どういうことかというと、常日頃考え事をしていますよね?

貯金が無くなったらどうしようや、私たちの老後年金は貰えるのだろうかなど未来のことを考えたり、

過去にこんな失敗をしたとか、あの時こうすればよかったとか過去のことを考え込んだりしていませんか?

それって、今現在にあなたは存在せず、過去や未来に思考がタイムリープしている状態なんですよ。

しかし、未来・過去に囚われると不安に駆られ、いくら考えても答えが出ないので心身ともに疲弊します。そうなると今現在のことに集中できず思わぬ失敗をしてしまうかもしれません。

そんなこと言っても、人間は意図せず勝手に考え事をしてしまう生き物です。

過去・未来のことを考えてもいいんですが、定期的に疲弊した脳をリセットしましょう!

どうやってリセットするか?それは【今ここに集中・没頭する】ことです。

ということで、今回は瞑想やメンタル強化の本を読んでいるとよく目にする【今ここ】について書いていきたいと思います。

【今ここ】とは何か?今ここに集中する方法について解説していきたいと思います。

では行きましょう!!



狩猟採集民は今ここに集中する達人!

瞑想とかメンタル強化の本などを読んでいると必ずといってもいいほど出てくるワードが【今ここ】です。

現代を生きる私たちは多くのストレスに晒されて生きています。

先行きが見えない社会、老後生活の不安など遠い未来について考えたりしますよね?

遠い未来のことを考えても答えは出ないし、解決せず疲れてしまうだけです。

大昔の狩猟採集時代には未来という概念が存在せず、現在の連続といった考え方をします。

狩猟採集民の生活は、朝起きて狩りに出かけ、食料を調達し、仲間と遊んで食事をして寝るといった生活です。いわば、その日暮らしです。

なので狩猟採集民はその瞬間、瞬間の連続なのです。今ここに集中する達人です。

食糧を調達できる保証もない時代ですが、自分の将来など未来に対する不安などはありません。食料を調達できなければ飢えに耐えるだけ。その状況を乗り切ることで精一杯なので、私たちのように未来を考える余地もありません。

しかし、全く不安が無かったわけではありません。

狩猟採集時代の不安というのは、狩りの最中猛獣に襲われてしまうかもしれないといった狩りを終えればその不安はなくなる短期的な不安です。

狩猟採集時代と現代との不安の違いは【未来との距離】に違いがあります。

短期的な不安は自己防衛として働きますが、長期的な不安はうつ病など病気に繋がり心身に悪影響があります。

未来との距離を短くすることは必要ですが、現代を生きる私たちは未来という概念があり、それを無くすことはできません。

脳疲労は蓄積しやすい環境ですので疲弊した脳疲労をリセットすることが私たち現代人に必要です。

リセットするためには狩猟採集時代のように【今ここ】に集中することが重要なのです。

今ここに集中することで脳疲労をリセット

私たちは何もしなくても、じっとしていても脳が勝手に考え事をしています。

これをDMN(デフォルトモードネットワーク)といいます。

DMNは、車でいうアイドリング状態です。

DMNの役割は情報の整理です。日頃感じた情報を整理する機能です。

ぼーっとしているときに良いアイデアが浮かんだり、思い出そうと考えてると思い出せず、あきらめると思い出すってことよくありますよね?

これがDMNの機能です。

しかし、このDMNは私たちの脳エネルギーの75~80%を消費するのでとても疲れます。

脳疲労をとるためにはDMNのスイッチをoffにしなければいけません。

offにするためには【今ここ】に集中するのです。

危機的な状況では考え事はできませんよね?

例えば絶叫マシーンに乗っている時やバンジージャンプするときに貯金が無くなったらどうしよう、老後生活が不安だなど考え事をする人はいないと思います。

その場の恐怖に対して「キャーーー」と絶叫し反応しますよね!

今自分に何が起きているのか?今どういった状況なのかということを認識し、その状況に適応する・対処すること

これが今ここに集中している状態です。

しかし、なかなか危機的状況下に身を置くことは困難ですよね。

どうしたらよいか?

これから今ここに集中するおすすめの方法を紹介していきます。

今ここに集中する3つの方法

今ここに集中するためにはDMNをoffにしなければいけません。

今回はDMNをoffにする3つの方法を紹介していきます。

DMNをoffにする3つの方法

  1. サウナ
  2. 瞑想
  3. ランニング

これらはDMNをリセットするために効果的です。

1つ目はサウナです。

サウナは100℃近い温度ですので、普通に考えてそんな環境はあり得ません。

人体にとっては危機的な状況です。

なのでサウナに入っている時は強制的に【今ここ】に集中することができるのでDMNはoffになります。

2つ目は瞑想です。

瞑想はDMNをoffにするための練習になります。

呼吸に集中して雑念が浮かんだらまた呼吸に意識を戻すというように無意識にDMNをoffにする練習になります。

最後はランニングです。

ランニングは最初は考え事をする余裕があると思いますが、ある程度の時間・強度で走ると走ることに集中します。

このようにサウナ、ランニングは強制的にDMNをリセットする方法で瞑想はDMNを意識的にoffにする方法です。

サウナ、ランニングで【今ここ】に集中する感覚を体に覚えさせ、瞑想で意識的にできるように練習します。

今ここに集中するという感覚は、キツい状況下であっても気持ちよさを感じる状態です。

ランナーズハイという言葉がありますが、まさに【今ここ】に集中するということはキツイんだけど楽しい、気持ちいい状態です。苦痛が無い状態。スポーツでよく聞く【ゾーン】に入った状態です。

これら3つの方法はどれも【ゾーン】状態に近い状況を作り出します。こうすることで脳疲労をリセットすることができます。

ランニングは息が弾んで会話できない程度の強度で20分~30分程度、

サウナと瞑想のやり方についてはリンクを貼っておきますね!

【サウナのすゝめ】サウナの驚くべき効果と正しいサウナの入り方を解説【おすすめ書籍・動画あり】

【じっとする練習】前頭葉を鍛えるマインドフルネス瞑想の目的と【とと流瞑想法】

以上が今ここに集中する方法でした。


まとめ

今回は今ここについての書いていきました。

私たちはDMNという機能で考え事をして脳疲労が蓄積します。

脳疲労をリセットするために今ここに集中することが重要です。

今ここに集中するための方法を3つ紹介しました。

  1. サウナ
  2. 瞑想
  3. ランニング

考え事して不安が強くなったり、なんだか疲れているという方にとって試してみて欲しい方法です。

今ここに集中することは一朝一夕でできるものではありませんが、上記の方法で今ここの感覚を掴んで練習していけば上達します。

私も今ここに集中する達人になれるよう努力していこうと思います。

最後におすすめ書籍とおすすめ動画のリンクを貼っておきますね!

https://youtu.be/5YcTvuQlbIg

https://youtu.be/ZUKISC5mICU

今回はここまで!

人生100年時代を生き抜くために自分に合ったストレスを溜め込まない方法を見つけましょう!!

ではまた!!!

カテゴリー

スポンサーリンク

-メンタル

Copyright © 大きな樹 , All Rights Reserved.