お金&節約

【支出削減】満足度を下げずに生活コストを減らす3ステップとは?

スポンサーリンク

バビロンの大富豪の教えの中で【黄金に愛される七つ道具】という7つの教えがある。

その2つ目の教えが、

【欲望に優先順位をつけろ】

これは何を意味しているのか?

答えは、自分の生活を見直せ!ということだ。

欲望は際限が無いので、全てを満たそうとするといくらお金があっても足りない。

だから、自分に本当に必要なもの、そうで無いものを把握し、無駄な出費を抑えるというのがこの教えの目的だ。

だからといって貧相な生活をしろということではない。

満足度を下げずに生活コストを減らすことは可能だ。

実際私は手取り21万円で生活は毎月赤字、ボーナスで生活費を補填する生活をしていた。

当然ながら貯金は一切貯まらず。

だがこの方法を実践して生活費を毎月18万円以下に抑える事ができた。

貯金も右肩上がりで増えている。

今回は、私が実践した満足度を下げずに生活コストを下げる手順を紹介する。

全部で3ステップ

生活コストを減らす3ステップ

  1. 生活費を把握する
  2. 固定費を見直す
  3. 欲望に優先順位をつける



生活費を把握する

まず最初にやるのは自分の1ヶ月の生活費を把握するところから始めよう。

おすすめの方法は以下の2つ。

生活費を把握するおすすめの方法

  1. 家計簿アプリを使う
  2. 支払いを全てクレジットカード決済にする

家計簿アプリを使う

生活費を把握するためには王道ながら家計簿がおすすめ。

人によってはノートに手書きする方がいいという人もいると思うが、私はアプリを使っている。

やり方は日々の出費をただ記入していくだけでOK。支出がわかればいい。

細かく項目を分けてしまうとめんどくさくて挫折する。

まずは続けやすいようにできるだけ簡単にしよう。

3ヶ月くらいやれざ自分がどのくらい使っているか把握できる。

支払いを全てクレジットカード決済にする

家計簿アプリもめんどくさい!って方は支払いを全てクレジットカード決済にしよう!

そうすることでクレジットカード明細に自動で記入されるから何もしなくても支出を把握できる。

これが1番簡単かもしれない。

収入と支出のバランスをみる

こうして生活費を把握する事ができたら次に収入と支出のバランスを見よう。

収入より支出が少なければ問題ないが、

もし収入より支出が多いのであれば見直さなければ破綻してしまう。

できれば収入の9割以下に支出を抑え、残り1割は貯金できるようにしよう。

生活費を把握して、減らさなければいけない場合は次のステップへ移る。



固定費を見直す

生活費で1番大きいのは通信費、光熱費、住居費、保険などの固定費だ。

大きな固定費を削減できれば細々とした節約はいらない。

具体的に何を見直すかは以下の通りだ。

見直すべき固定費

  1. スマホ
  2. 電気・ガス
  3. 保険

スマホ

まず取り掛かりやすいのはスマホ代の見直しだ。

しかも、これだけで年間約10万円支出を削減できる。

やることは簡単!格安SIMに乗り換えるだけ!

au、docomo、ソフトバンクなどの大手キャリアを使っている人は全員対象だ。

大手キャリアは月10,000円位かかる。

これを格安SIMにすることで月2,000円以下に抑える事が可能。

月額約8,000円も安くなる。年間約10万円!

この差はデカい!

ちなみに格安SIMのデメリットを挙げると

  • 大手キャリアメールが使えない
  • LINEのID検索が出来ない
  • 回線が混み合う時間帯に通信速度が若干落ちる

以上だ。

キャリアメールが使えないといっても今はgmailなどのフリーメールが簡単に作れるから大手キャリアメールが使えなくても問題ない。

そしてLINEのID検索は使った事がないし、自宅ではWi-Fiを使ってるから通信速度が遅いとは思わない。

つまりデメリット無しで年間10万円も安くなるならやらない理由がない!

今現在たくさんの格安SIMがあるから自分の生活に合った格安SIMにすることをおすすめする。

ちなみに私はUQ mobileを使っている

私も以前は大手キャリアを使っていましたが、月々1万円を超えていた。

ところが格安SIMに変えてから月々1600〜2000円になり8,000円以上安くなりました。

電気・ガス

次いで、光熱費の電気やガス会社の見直しだ。

電気・ガス(都市ガス)は自由化が進み、消費者が自由に会社を選べる時代だ。

切り替えもネットで完結できるから簡単だ。

見積もりも簡単に出せるから今の使用量で安くなるのであれば切り替えを検討しよう。

保険

次いで保険の見直しだ。

保険のほとんどは必要ない。

保険とは、『滅多に起きないが損害が大きい』ものにかけるものだ。

必要な保険は以下の3つ。

  • 掛捨て生命保険(子育て世帯のみ)
  • 火災保険
  • 車の保険(対人対物無制限)

掛け捨て生命保険

まず掛け捨て生命保険だ。

これは子育て世帯のみです。

それ以外であれば必要ありません。

掛け捨て生命保険は種類がたくさんあるので自分に合った会社を探そう!

ちなみに私はライフネット生命にしている。

火災保険

アパート、マンション、一軒家に関わらずどこに住むにしても火災保険は必須。

もし火事が起きてしまうと、自分だけの家ならまだしも他の家にまで火が燃え移ってしまうと損害が膨れ上がる。

賠償金はバカにならないから自分の身を守るために無条件に必要な保険だ。

車の保険(対人対物無制限)

車を所有している人が必ず入るべきなのが、対人対物賠償保険だ。

車を運転して人身事故を起こしてしまえば損害賠償は計り知れない。貯金ではカバーできるものでもない。

だから対人対物賠償保険には必ず入ろう。

対人対物賠償保険だけなら年間2万円位と安い。

車を所有している人はこの保険には入ろう。

欲望に優先順位をつける

自分の生活を見直し、大きな固定費を見直したらり最後は自分の欲望を見直そう。

どういうことかというと、

「〇〇が欲しい」「××がしたい」「□□が食べたい」

などという欲求が本当に必要かどうかを吟味することだ。

もし無くてもいいものであればその欲求は消そう。

よく考えれば不要だったなどと不要な欲求が多い事に驚くだろう。

自分にとって、ここだけは譲れないというものだけを残そう。

私はタバコ・酒を毎日堪能していた。これだけはやめれないと思っていたが、よく考えれば不必要なものだとわかって丸ごと辞めた。

これだけでも年間50万円くらい支出を削減できる。

私がタバコをどのようにして辞めたか気になる方は以下にリンクを貼っておくから参考にして欲しい↓↓

こちらもCHECK

【禁煙まとめ】1日40本吸っていたヘビースモーカーの私が禁煙成功できた方法

今回はヘビースモーカーだった私が禁煙できた方法についてまとめていく。 こんな方におすすめ タバコを辞めたいけど辞めれなくて苦しんでいる人 禁煙に何度も失敗して心が折れている人 どうやって辞めればいいか ...



おわりに

以上が満足度を下げずに生活コストを減らす方法だ。

まとめると、

①現在かかっている生活費を把握し、

②大きな固定費を見直す、

③欲求に優先順位をつけ、不要なものは消す

という流れになる。

欲求には際限が無いから全てを満たそうとするといくらお金があっても足りない。

自分に本当に必要なもの、そうで無いものを把握し、無駄な支出を無くそう。

不要なものを捨てれば不思議と身も心も軽くなり楽になるはずだ( ◠‿◠ )

スポンサーリンク

-お金&節約