communication design work ookinaki

Text Size : A A A
私は福祉施設のコンサルタントとして、施設や組織を一つの木に見立てて考えます。

設立時のきっかけや、障がいのあるメンバーに対しての気持ちなど、根っこにはその場を担う人たちの想いがある。その想いが一つの幹を形成して、枝葉に分かれる日々の活動があり、時期が来れば花を咲かせ実を付ける。そのサイクルを繰り返し、根を大地に生やして自立する。

私は、その木に寄り添う、『樹木医』のような存在でありたいと願っています。

目の前にある課題の底にはおそらくそこはかとない課題の蓄積があったりするかもしれません。何かの特効薬を処方してその課題がどうにかなるとは思えません。

自らの免疫力を高め、治癒力を自らが湧き起こしていきながら、少しずつ解決の糸口が見えていくものだと考えています。
福祉施設としての十分な機能を果たしながら、外の世界とつながり、いつでも何かをしてもらうだけではなく、『福祉』が社会の真ん中で人を幸せにしていくことを目指していけるように私は伴走します。

■おおきな木 加藤未礼 Mirei.Kato
コミュニケ―ションデザイナー・ワークショップデザイナー

1998~ 障がいのある子どもたちの通う特別支援級で介添え
2000~ 雑貨インテリアの販売
2008~ 個人事業『おおきな木』開業 
      ・障がい者福祉施設の商品企画、販売、ショップ、カフェコンサルティング
      ・販売イベント主催
2012~ TALK TREE workshop 開始
      ・福祉施設を中心に課題解決のための手段として開催(全国20か所で実施)
2013 青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム 終了
2015  生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー取得

■お問いあわせ
おおきな木 加藤未礼
info@ookina-ki.com
Img_e401a256c90cf228ccf5caba52c8b9e3
Img_78a765b54dad3e6a312ce75804d7c970
Img_60eba72f7c481a49c2d97ee35893b8b9

■ consulting

【概要】 障害者福祉施設の課題解決に向けたコンサルティング

 ・自主製品づくり
 ・店舗運営 など

【対象】福祉施設職員

【時間】 2時間~ 

【ビジョン】
 「授産品を商品に!福祉ショップをセレクトショップに!福祉喫茶をカフェに!バザーをマルシェに!作業所を工房に!」
 福祉が社会の真ん中で、人を幸せにするモノやコトや場をプロデュースし、誰もが「自分らしく」いられる世の中をつくる
Img_7b6494ffc5ff5790b16fe5e7a61e7cf9
■TALK TREE workshop
【概要】 組織や個人を一つの木に見立て、コンセプト、ビジョンを見出すワークショップ

【対象】
 ・物事が混とんとしてしまっている状態にあり、今後のことを改めて考えたい人
 ・これからの未来を築いていく若い人、子ども

【時間】
 2~4時間

【ビジョン】
 ・多様性を認め合える社会の実現に向け、お互いの違いを認め合えること
 ・自分自身の軸をしっかり持つことができること
 ・あるべき未来を想い描き、今を懸命に生きること
Img_83afddaa80f08ce7dfcff79008ffb140
■communication file workshop
 
【概要】

オリジナル商品communication file(帆前掛けの生地を使った手製本のアルバム)を使ったワークショップ。人の想いを共有し、お互いを承認しあい、誰かのために想いを形にするアルバムワークショップ。

【対象】 誰かに想いをアルバムという形にして伝えたい人
Img_1fc88e52a856fd03a55cb069c4d80eba

■ event produce
 ARTS & CRAFTS GARDEN
「手仕事」をキーワードに福祉施設とクリエイターが交わって行う販売イベント
 ・横浜市都筑区 都筑民家園
 ・東京都千代田区 アーツ千代田3331
 ・東京都板橋区 天祖神社(『ときわ台つ・つ・つGARDEN』に改名、2014年)
100年後の未来を語る会
 日々の暮らしをより豊かなものにすることを目的とし開催。
 ・東京都杉並区高円寺 レヴン
Img_7a9bffd933541a79536ceef471ecdae0