communication design work ookinaki

Text Size : A A A

communication file

Img_e50d1a772b6dbf02346a0d1b817503d0
Img_26ae50ededafe411a7f578917bc2ee6c
Img_c14278b667459b6924d9c3b23e510b5d
様々な人の想いを形にする手製本のアルバム。
外も中も全くの生成り。使い手の感度に合わせて無限に広がります。


Ssize 【箱】 W13×D13×H3㎝ 【本体】 W11×D11×H1,3㎝ 【本文】 W10,5×D10,5㎝ 12ページ
Msize 【箱】 W18×D18×H3㎝ 【本体】 W16×D16×H1,5㎝ 【本文】 W15,5×D15,5㎝ 12ページ
Lsize 【箱】 W23×D23×H3㎝ 【本体】 W21×D21×H1,5㎝ 【本文】 W20,5×D20,5㎝ 12ページ

Ssize 【無地】\3,000
Msize 【無地】\3,200
Lsize 【無地】\3,400

Img_975a85d272edae01f57d5724e510b444
Img_0a2d6e372e0d7570de82efec7d967c2f
Img_a6216f9247ff7b0a9e15b7b6c8ba156d

 生地:帆前掛け エニシング
 本文:エコ間伐紙 平和紙業
 製本:まるみず組
 組み箱:風岡紙器
 ロゴデザイン:TREE2
 活版印刷:FIRST UNIVERSAL PRESS
 デザイン:ookinaki
Img_95c9b8407624c516468a7f0f72be421b
Img_689007cbdd00483490153d8fe155529e
Img_e8a66071408733ced805dfb3d3e28865
■前掛け帆布 有限会社 エニシング(東京都小金井市)

愛知県豊橋の職人さんたちと、使い勝手のいい、やさしい日本の前掛け生地をオリジナルで作っているエニシングさん。
<生地の特徴>
・約40年前の厚みを復活。厚いが柔らかく、長持ちする'1号'生地
・使えば使うほどやわらかく、味の出る(経年変化を楽しむ)生地
・アパレルなどでは通常使われない、太い番手の糸を使用。国内、九州で紡績されています。
・60数年前の「シャトル式力織機」で現在も織っているため、手作り感のあるやさしい風合いの、良い生地になります
Img_676b5df8651ab7b74a94e74b08b5a81d
Img_38056967511ecd7e7f729e12d07f44a2
Img_26b3ea6b7eff010d9e2c4eede53e46df
■製本 まるみず組(東京都板橋区)

手製本を通して、「ものづくり発信地」を目指す「まるみず組」さん。
「本とは機能があり、用途がアリ、保存を第一に考えたものです。
その為には素材の特性は勿論、使いやすく、愛されるものづくりを志ざさなければなりません。」

その哲学がモノに現れています。

Img_9261a469260258550b457592c69998c1
Img_c64a1fb0379070f848890b4441295d7b
Img_f638576a7d97c3fa1f6e15372d55c132
■箱  風岡紙器株式会社(東京都板橋区)

一つ一つ角を機械で落とし、折りすじを一本一本付け、手で組み立てて、針金で止める。
どの機械も古く、重厚で味のあるデザイン。
時代の流れとともに今ではあまり稼働しない機械のようです。