communication design work ookinaki

Text Size : A A A
Img_cbe98650cca6e358e543630b1bc74574
Img_4e085c5a1aa7fb21021f815081b70b1a
Img_adbe0478400374a94d26cc42e85d2e7e
Img_b1fc7cf60a5036624e1d53f98db41f19
Img_88e5095de5dcdd0d8d2dcc68d909b2fc
Img_224f89c5019d59df51c8dab676eba6c5
Img_76fbe922ad8c7cfb51f7b6765e27059f
Img_4937905b51493a1f3c5c014165ee7d14
Img_0f934a78655f987b546f3caa09d73f74
Img_bb4d66b62eaba1c889dda84e21728669
Img_16f5470209e4f6060715cee5fced9957
Img_8c17e5d6acfb5848b9b91e5f46a17c01
今回はじめての自主開催でした。
ワークショップデザイナーとおもちゃコンサルタントの12名の参加で2時間のワークショップでした。

この場にいる自分たちで、想いをかけあわせ、誰のため、何のため、何をするグランドデザインを考えるワークショップ。『たいぞうさん』によるおいしいお茶の振る舞いもあり、豊かな時間を皆で過ごすことができました。

3班とも、おおむね『自分らしく生きる』ということが理想の未来に掲げらえていました。想いをカタチにするプロセスを皆で楽しく共有していました。

ある班は、失敗したことをシェアする場としてのワークショップをデザインしました。なかなかいい場だと思います。それを実際に具現化することのなったようです。

このワークが世の中の社会貢献に結びつく予感がしました。

※ぎんざゆうenちにて。