communication design work ookinaki

Text Size : A A A
『Talk Tree WORKSHOP』は一つのチームや一人の人を『木』に見立て、自分たちの存在価値や可能性を発見するためのワークショップです。

目的を見失い、チームがまとまらない
これまでを整理し、これからを設計したい
対象者を絞り込み、より効果的にアプローチしたい

など、組織や個人、大人も子どもも、またはどんな場面でも活用が期待されます。

ご自身の会社や教育現場など、様々な現場にご紹介いただく前にまずは、このワークショップを体感していただけるトライアルコースをご用意しました。

その場に集まった参加者で、このTalk Tree WORKSHOPを体験していただきます。

その後、ご参加いただいた方の組織や現場に、このワークショップを活用したいと思う方の課題解決の糸口を見いだすお手伝いができればと考えております。

お申込み info@talktree-workshop.com
公式ウェブサイト  (Click!) 

Img_cbe98650cca6e358e543630b1bc74574
Img_4e085c5a1aa7fb21021f815081b70b1a
Img_adbe0478400374a94d26cc42e85d2e7e
Img_b1fc7cf60a5036624e1d53f98db41f19
Img_88e5095de5dcdd0d8d2dcc68d909b2fc
Img_224f89c5019d59df51c8dab676eba6c5
Img_76fbe922ad8c7cfb51f7b6765e27059f
Img_4937905b51493a1f3c5c014165ee7d14
Img_0f934a78655f987b546f3caa09d73f74
Img_bb4d66b62eaba1c889dda84e21728669
Img_16f5470209e4f6060715cee5fced9957
Img_8c17e5d6acfb5848b9b91e5f46a17c01
今回はじめての自主開催でした。
ワークショップデザイナーとおもちゃコンサルタントの12名の参加で2時間のワークショップでした。

この場にいる自分たちで、想いをかけあわせ、誰のため、何のため、何をするグランドデザインを考えるワークショップ。『たいぞうさん』によるおいしいお茶の振る舞いもあり、豊かな時間を皆で過ごすことができました。

3班とも、おおむね『自分らしく生きる』ということが理想の未来に掲げらえていました。想いをカタチにするプロセスを皆で楽しく共有していました。

ある班は、失敗したことをシェアする場としてのワークショップをデザインしました。なかなかいい場だと思います。それを実際に具現化することのなったようです。

このワークが世の中の社会貢献に結びつく予感がしました。

※ぎんざゆうenちにて。
Img_ebef4e181ff444ec865cc0d8f5ea1a76
Img_33e7a31cfd294b19785876ef4626dfb5
関東近辺から集まった福祉施設の職員たちが協働で学び合う5回連続講座『モノづくりサロン』で、204年は、1,2回目に、コンセプト、ターゲット、商品を見出すワークショップを担当しました。

 (Click!)  モノづくりサロンフェイスブックページに詳しく内容を記載しています。

Img_c3ca10e4b91c9c06bd775c282eb99064
Img_eaca086950c957bfaf1b201574a1b238
東久留米市男女平等推進センターの主催で、『コミュニティビジネス』をテーマにしたワークショップを二回に渡り担当させていただきました。

東久留米は、小さな地域ですが、文化レベルが高く、街の中にも素敵な場所も多くあり非常に魅力的な街です。

この中で、小さく何かを始めようとする方または、もうすでに始めている方が10数人集まりました。

地域にある課題、理想の地域の未来を出し合い、自分たちがどんな想いがあるかをシェアし、お互いがどう連携していけるのかを考え、そして、自分自身がビジネスとしてどのように自立していけるのかを考える機会をつくりました。

2014年11月15日
2015年1月24日

東久留米市男女平等推進センターにて

Img_d4af2d0b51c0acd9ff9a5d14cd8f15f7
Img_b60535d893df094ff547ee96ec88b84d
Img_d9cf80d228f38dca4f22a3147c8515ca
Img_ffcc317bc65d2197a09efa03dd975e2f
Img_da18ab775f746f4000ba2298cfdd32e9
Img_547700d4521520fba7e7861f728104f1
10月と1月の二回にわたり、宇都宮の3つの福祉事業所の方で福祉施設における商品企画をテーマにしたワークショップを行いました。

1日目、10時から16時までかけて、各事業所ごとのチームで、コンセプトとターゲット、それから一番売り出したい商品を決めました。

見えていなかったターゲットを設定することから、グッと商品の企画が具体的になりました。

3事業所、それぞれの特徴も違う中でこのワークを行うことに意義がありました。

その後1月に、デザイナーの前川亜希子さんに来てもらい、ターゲット設定がなぜ必要なのか、ブランディングの話を含めて、商品の企画の立て方について、ワークショップ形式で学び合いました。

私たちも、このようなリアルなグループで、具体的にワークを丸2日間行うことははじめてでした。

そして、その手ごたえはやはり架空のチームで行うのとは違うものでした。

お互いの価値を引出し、認め合いながら、それぞれの施設をブランドにしていくきっかけにしたいものです。
Img_f5d945931ed32e2fef689b2e432fcb15
Img_911e17cb815d83c96bc101132cba0bb2
Img_d4bfabe4e968fcdc30811354bded7ec6
Img_0bd5bb48583e4f390a56442992f4b5bf
Img_924a1905e038d39112a11e502e8dc33d
Img_dc098cb5267cb0a7b7220bf0a0b4059b
おもちゃコンサルタントが運営する『たま・おもちゃ市』というイベントのコンセプトメイキングのワークショップを担当しました。

おもちゃを定義することは非常に難しいことですが、理想の未来に向かって、好循環を繰り返していくイメージの真ん中に、おもちゃがあるということの意義を深く探った4時間でした。

大事なことは、ここでの納得解を皆で出す共通体験です。価値観のすり合わせの作業自体、日常的にはなかなか行えないものです。

生み出せた言葉以上に、この過程、時間が貴重なのだと改めて思いました。
Img_555eaba35e9790f1565c1e24eb2cbcef
Img_eee602acae2c6d84c39762609149e938
Img_ab2119428fc4877010b3e9078027cdfb
2014年4月、岩手と宮城で、コンセプトメイキングのグループワークを担当させていただきました。

岩手と宮城の地域性を感じつつ、やはり全国的に課題は同じだなと感じました。主催者も一丸となって、おかげさまで充実したワークショップができました。



【概要】

モノづくりのためのコンセプトワーク

~福祉施設におけるモノづくりをより良いものにするために。~

 東日本大震災以降、東北では、より人と人のつながりを持ち、新しいアクションがあらゆる場所で生れ、福祉施設におけるモノづくりを発信 できる機会も増えています。
 これまで余暇活動のひとつとしてみなされてきた障がいのある人たちの表現活動に、芸術的価値が認められ、アートと評価される一方で、 最近はデザインと結びついた商品化やモノづくりが注目されています。
 このたび開催する「モノづくりのためのコンセプトワーク」は、少人数制・ワークショップ方式の講座です。モノづくりの中で大切にしたい ことや、コンセプトをしっかり考えるにはどうしたらよいのかを事例紹介や実践をとおして学びます。
障がいのある人たちとともに、何を目的とし、何をかたちづくっていくのかをともに考える、しごとおこしのための機会ともなります。
 

■会期:
[岩手] 2014年 4 月18 日[金] 10:00〜16:00(受付9:30)
[宮城] 2014年 4 月19 日[土] 10:00〜16:00(受付9:30)

■会場:
[岩手] アイーナいわて県民情報交流センター 会議室501
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1 丁目7 番1 号
[宮城] ほっぷの森 Aiホール 第三志ら梅ビル4 階アート・インクルージョン
〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-2-5

■定員:各会場とも30 名

■対象者:福祉施設職員、障がいのある人の新しい仕事づくりをしていきたいと考える人。 また、テーマに関心のある学生、NPO 職員、デザイナー、コミュニティの支援員など。

■参加費:無料

■主催:AARJapan [NPO法人 難民を助ける会]
■共催:NPO法人エイブル・アート・ジャパン
■協力:財団法人たんぽぽの家

※このワークショップはイオン1%クラブ様によるご寄付を活用して実施しております。
Img_f34c584be33040f01401c5e2408cea2f
Img_d25ef416020a26e532b61e0df181639f
Img_32e1a1ea2f525c05299f56b90f61ab0d
Img_247b9f563749d62b8f89af18821c0c01
Img_6c40e69d8c30679f5dedc6d66bef4e51
Img_02cd082b3342ee64f353d0bfb4dc73b0
Img_cad29ed1dd7624a16f36e93d7386ec1e
Img_54a2e0d77d6d31d3975ed3c3eee4b363
Img_887153bdee3009f96334fd174458ab32
Img_c3a2811b715a5b3f746fed44db5281b6
Img_ffffc6491a0767707496824c792f91a6
Img_54695aebb0bfbd65a33b097c5dca9a3d
Img_edaf1b777a53671864cd38a7b6bb4f1e
Img_eb23ab4f52f3b4be8471492989d12d08
Img_53af64e3daf1e427f7d5a5863b368e50
2014年2月28日にNPO法人北九州小規模連にて、ワークショップを担当させていただきました。

福祉施設でのモノづくりで何を大切に考えていけばいいのかを、過去の事例をもとにお話しさせていただき、皆さんで気づきをシェアし、皆で学び合う場にさせていただきました。

やはり個人個人の気づきや発見のポイントは違うのですが、班ごとに一つ学んだことを絞り込んで発表していただくことで、違う考え方の人たちとの合意形成がいかに難しいかを体感していただきました。

それが現場に戻って一番難しいことですが、長続きしたいことは、まず乗り越えていくべきことではないかと思います。

そういったグランドデザインが組織でしっかりできると、外の人たちへの発信、どうコミュニケーションを測っていくべきかが見えてくるものかと!





Img_5022c9deeaa4cb142f9268397ef708fb
Img_d661824f3c3b264c06a2d5a651999bb9
Img_1dacb5fc0cc7a9df7dbdffb4a753614a
精神保健福祉士さんたちのリフレッシュのための研修でワークショップを担当させていただきました。

地域の課題や、自分の想いを掛け合わせて、仲間と協働し合意形成を行うことで様々な気づきが生まれました。

普段、皆さんは承認する側の立場にいますが、この場でお互いを承認しあえたことが良かったという感想をいただきました。

妄想の世界のようで、本当に実現できそうな内容を考えた班もありました。わくわくするひと時を皆で過ごすことで明日への活力につながってくれたと感じました。

■開催概要

タイトル:『木のワークショップ~みんなで育てようわくわくの木~』
主催:岡山精神保健福祉士協会
日時:2014年2月1日
場所:万成病院
参加人数:30数名


Img_d6c34426c4d2cf4af731db6721da6a95
Img_bfa922168e02579b1f3430923d97675f
Img_fa3162f2e3fe28cc202e92d521d3a69c
Img_4e400604f0b8af8f31bc21cf9d90516e
Img_f8179f9b53858742f2632ec7b191591c
Img_da438718b7269436a6bdd30dcf056a73
Img_00213047296485c510e1aed7d5c38441
Img_b54a3ff67dc0e8842f5f6ddbac0437b7
Img_5c97ab1e2b7dc2b2c0978442188c7649
Img_118c8f3c5ac1c2075f3de8609d362da1
Img_d11d4a01b818009db3477c623d6dc68a
Img_b3558e1e80ac2fdf98b4ddd8bac86ad9
Img_1c0a56eb580604db99d1f837274c332b
Img_724b55544714a4625881dbb902741023
Img_139c358c8f306d608ca932e5f57d4584
Img_e61bd57677013b5afb2c1405cb6b3e0f
Img_66b3a26ca376cf5e42dbb99642b7ee72
Img_09b52d2c34f24fff2fdf7ff3ed20342c
Img_1820844d3a0bdffa568b62bffd513036
Img_2568ced93303c5d17b7269eae8e85ff8
Img_3057481b1eca0661d646653f62833a34
Img_8e2382f7c2360c638472a73ba226c5cf
Img_1d56f9599d0e7a23676f47bc84c13d64
Img_e7e5f5074590b60254ed4a03513597ab
Img_128178d7186313c46a3ab1abd0918721
Img_09e66f781aa55f5396426a2d4b664c52
Img_bebc1a8ce68fdc3112d956a36ee88bd5